MENU
 
   
   
 
幼い私を抱き上げて
父が歌ってくれた子守唄
ずっと、今まで”銀の船”
だと思っていました

おつきさまは
時に優しく
時に淋しく
時に温かく
幼い少女の夢をのせて
天(そら)に漂います

太陽のようにまぶしい光は
放たないけれど
こころの奥底の
暗くやわらかい
ところまで
優しいひかりを
届けてくれそう・・・
 
   
   
       
       
                       
        子どもの頃から、古いものが好き。
胸がキュッとしめつけられる様な、思いを秘めたものが好き
ドール関連リンク
 
■ リプロ作家の
  ベベ タビトさんのHP
 
        遠い異国の地でこの子達は誰に抱かれて
誰の笑顔をみてきたのだろう
 
        100数十年の時を経てなお美しい人形たち
私はこの子たちにとても憧れると共に 言葉に尽くせぬ哀しみを感じます
 
        光と影
太陽と月
       
        愚かな人間のエゴイズムが引き起こした戦火の中を生き抜き
はかり知れない哀しみを見つめてきた瞳
だからこそ やさしい微笑で私たちを包んでくるれる気がするのです
       
 
Copyright(C) gin-no-fune.com  2015.Allrights reserved.